スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

黒いフライ

13日の日曜日も夕方の2時間ほど川へ行ってきました^^

ヤマメ(2008年7月13日)


飽きない程度に数匹のイワナとヤマメが釣れたんやけど
魚は何を食べてるんかなぁ~?
と↑の写真のヤマメの胃の中身をストマックポンプで調べてみました。

すると・・・

黒い羽根アリの様な虫ばっかを食べてました。
フライサイズで#18ぐらいの大きさかなぁ~

ヤマメの胃の内容物


使ってたフライはグレー系の#16のパラシュート。

ヤマメの胃の内容物と釣れたフライ


このフライを使ってて何匹かは釣れたんやけど
取れないライズがあったり・・・
フライを見に来てUターンする魚がいたり・・・
バシャってフライに出てもフッキングしなかったり・・・

この虫に合わせたフライを使ってたらもっと釣れてたかもしれませんね。

最近フライ巻いてないからなぁ・・・
手持ち不足になってます。

ちょっとこの虫に合わせた黒い小さめのフライを夜な夜な巻くかなぁ~^^

スポンサーサイト

23:13 | フライフィッシング | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
グッド・レインボー | top | ぽっこんでーす、ぱっこんでーす

Comments

# 答え合わせ。。。。^^;
いわゆる BASSで言う「マッチ・ザ・ベイト」っすね ^^;
捕食してる ベイトのサイズにしか反応しない時って
ルアーのサイズ選びに 苦労するけど。。。

それが ドンピシャ当たった時なんか
「どんなもんだい♪」ってな感じで パターンにハマる事有りますよね ^^

逆に言うと それを見切る魚の能力って
恐ろしく すごい!

釣人と魚の「知恵比べ」 そやから やめられんです ^^;

ぜひ、次回は ドンピシャを期待してます ^^
by: 捕黒鱒庁 従事官さん | 2008/07/16 14:20 | URL [編集] | page top↑
#
夏はクルージングしている魚をサイトフィッシングで釣るのが醍醐味ですね。私が多用するのはハックルなしの極小フローティングパターンです。それとティペトも春先と同じ位に細いのをつばで濡らして使用します。何の疑いもなく咥えたら最高ですね。
by: バリスタ@FFCさん | 2008/07/16 15:33 | URL [編集] | page top↑
#
≡捕黒鱒庁 従事官さんへ≡
フライフィッシングでは
「マッチ・ザ・ハッチ」って言うんです。
今ハッチ(羽化)してる水生昆虫に合わせるんやけど
夏の場合は陸生昆虫が多いんですけどね。

予想して使ったフライと魚が実際食べてた虫がどんぴしゃやった時は「よっしゃ!」って感じです。
フライフィッシングの醍醐味でもあるんですよっ!!



≡バリスタ@FFCさんへ≡
ノーハックルパターンですかぁ~^^
確かに効きますよねっ。
オレの場合はCDCが多いけど・・・

ティペットを隠すのも重要ですよねっ!!
by: しーぴさん | 2008/07/19 10:53 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://siipifish.blog101.fc2.com/tb.php/175-c20f8a65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。