スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

歴戦の勇士

試験前でもろくに試験勉強せずに時間さえあれば
愛車のスクーター「ヤマハ チャンプ」で野池を釣り回っていた高校生時代。
おかげで2年生の時に苦手な英語の単位を2科目落としてしまいました。
がははー
(でも、ちゃんと卒業はしましたよっ^^)

そんな事はさておき・・・
その頃よく使ってたルアーが
『ストーム(スィンフィン)』の“ファッツオー”と“ウイグルワート”

ファッツオー
ファッツオー

ウイグルワート
ウイグルワート


見ての通り
“ファッツオー”はシャロークランク。
“ウイグルワート”はディープクランク。
この二つのルアーはよく釣れたから
よく使う→根がかりしてよく無くす→また買う
のローテーションで(笑)何個ぐらい買ったかなぁ・・・

写真の二つは最終的に生き残ったヤツらで
当時ダイワが販売していたジャパンオリジナルカラーの物です。
しかし使い込んでボロボロですねー
まさに歴戦の勇士って感じでしょ?^^


“ウイグルワート”のバリエーションにサスペンド(水中で静止)する物もありました。
あまり使った事がないから実力の程は不明です。

ウイグルワート サスペンディング
ウイグルワート サスペンディング

ウイグルワート サスペンディング ネーム




あとはサイズ違いで
小さいのが〝ウイワート〟
大きいのが〝マグワート〟

ウイワート
ウイワート

マグワート
マグワート


この“ウイグルワート”さっきはディープクランクって書いたけど
最近はクランクベイトの中でも「ワート」って種類に分類されるみたいですね。
普通のディープクランクはボトムや障害物に接触するとアクションを変えてしまうのに対して
「ワート」はボトムに当たろうが障害物に当たろうが
それまでのアクションを変えずに泳ぐんです。
それがタフになったバスに効くみたいですね。
その「ワート」と分類される“ウイグルワート”をよく使ってた時代には
そんな知識はなかったんやけど
自然とそんな使い方してたなぁ・・・
深く潜らせるというよりも、シャローを土煙上げながら引いてくるみたいな感じでねっ^^


あともう一つ面白いのがカラーによって素材に使われている樹脂の種類が違うという事。
マグワートの写真を見てもらえば分かるんやけど
リップが半透明になってる方は浮力控えめな素材。
リップまでカラーリングされているのが高浮力な素材。
この二つは微妙にアクションが違ったり特性が違うから
使い分けてみると面白いかもしれませんね^^
これもよく使ってた当時は知らなかったなぁ・・・


ウイグルワート サイズの比較




あと手元にある『ストーム(スィンフィン)』のルアーが“ホッテントット”
リップが金属製でいかにも深く潜りそうなルアーですね。
金属のリップに開いた3箇所の穴に
付属のクリップを付け替える事で潜る深さを変える事が出来ます。
でも昔そんなに使い込んだ記憶がないから実力は分かりません。
現在手元に残ってるのは90年代になってから買った
“ホッテントット”のラトル入りバージョンの“ラトルトット”です。

ラトルトット
ラトルトット


このルアーたち
もともと「スィンフィン」ってメーカーだったのが
70年代に「ストーム」に買収され
2000年頃にその「ストーム」が「ラパラ」に買収されたそうです。
「ラパラ」に買収されてからはルアーのバリエーションもがらっと変わったみたいやけど
ルアーの性能は変わってないんでしょうかねぇ??

スポンサーサイト

23:32 | 釣り道具物語(バス編) | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
真夜中も仕事してます^^ | top | 10速マニュアル車!?

Comments

# むむむ。。。。
なんか読んでると 今年は「クランク」って気がして来ましたわ^^; とー云うか 従事官に 「やりなさい!」って言われてるような^^; はは、考えすぎか^^
今年は 根掛り気にせず 投げて投げて巻きまくりますか♪

しかし 恐るべき「歴戦の勇士」達^^;
うちの隊員達にも見習わせますです ハイ^^
by: 捕黒鱒庁 従事官さん | 2008/01/13 16:39 | URL [編集] | page top↑
#
どーもです・・・
やっぱ釣りに行けないと道具を、ついついいじりたくなる
季節ですなぁ~
ジャパンカラーのオイカワいいすなー
スィンフィン時代のFATSOは大好物で、いくつか持って
ますが、この頃のルアって一種独特の雰囲気があって
よいですなー
しーぴさんと同じで実戦にかなり投入したので、ローリ
ングマークやバイトマークが多数ついています。
FATSOはサーフェイスで使うことが多くボロボロです(^^)
by: バッス吉さん | 2008/01/13 23:04 | URL [編集] | page top↑
#
≡捕黒鱒庁 従事官さんへ≡
あははー 考えすぎですよん^^
若い頃は怖いもん知らずで(笑)
ガンガン障害物にルアーを投げ込んでました。
おかげで懐かしいルアーはほとんど残ってないんですよー(T△T)
でも今まで釣ったバスの7~8割ぐらいはソフトルアーだと思いますよっ。



≡バッス吉 さんへ≡
タックルボックス開けてルアーを眺めてる時間もえーもんですよねー
ほんとは川の解禁に向けてフライを巻かないといけないんやけど・・・

80年代のアメリカンルアー・・・
タイムマシンがあったならば大人買いしに戻りたいです。
もちろん金儲けのためじゃなくて実戦投入するためですよっ(笑)
by: しーぴさん | 2008/01/15 13:50 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://siipifish.blog101.fc2.com/tb.php/125-16259a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。