スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

一冬に使う薪

我が家の暖房器具は薪ストーブのみ。
以前使っていた石油ファンヒーター数台は倉庫で眠っています。
原油が高騰している現在では高い灯油を買わなくて済むのはかなぁ~り助かります。

がっ、一冬に使う薪を調達するのはそんな簡単じゃ~ないんです。
まぁ、お金が腐るほどあるなら一冬分の薪を全部買えば簡単なんですけどね・・・
それじゃ~灯油より経費がかさみます。
それに薪割りの楽しみもなくなるしねっ^^

ここ寒冷地での一冬の薪の消費量は約4トン。
薪ストーブを使うのは10月半ばから5月初めまで、
12月から2月はほぼ1日中燃やしっぱなし。
去年が薪ストーブで過ごす初めての冬やったんやけど
一冬越して薪の消費量がだいたい把握出来ました。


去年の場合・・・

○家を建てた時にサービスでもらったナラ薪100束。
○森林組合で薪用の雑原木2トンとナラ薪50束購入。
○会社の先輩からもらったリンゴの薪、軽トラ山もり2台分。

で、ちょっと余りました。


んで、今年は・・・

○家の近所で伐採したサクラの木、軽トラで2台分ぐらい。
○近所のリンゴ農家からもらったリンゴの木、軽トラ2台分。
○森林組合でナラ薪100束購入。
○会社の先輩からリンゴの薪、軽トラで軽めに積んで2台分。

↓それで薪小屋はこんな感じです。(あと家の軒下に+α)
1ヶ月前の薪小屋



この辺はリンゴ農家が多くて、毎年2~3月頃に剪定でリンゴの木を切るんですよねー
それを今年はJAの紹介でちょっともらえたんやけど
毎年一冬分の薪になるリンゴの木をもらえるように出来ればえーんですけどね。
あちこちの農家に声をかけてみようと思いながら
なにかと忙しくてそれが出来ずじまいなんです。

まぁ、
夏の冷房費が要らないのと、
薪ストーブ以外はオール電化で光熱費がちょっと安いから
それを冬にまわして今は足りない分の薪を買うようにしています。

我が家の暖房器具



来シーズンの事を考えて
とりあえず去年リンゴの木をもらった農家さんに酒でも持って挨拶に行っておこう・・・^^

スポンサーサイト

00:17 | 薪ストーブ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
フライロッド(国産編) | top | 雪の週末

Comments

#
ご訪問ありがとうございました。しーぴさんのブログ更新されてないなと思ったらお気に入りにトップ以外のページを登録していたことに今日気づきました(笑)すっかり季節が進んでいました(^^)
さて本題ですが薪が4トンとはすごいですね。10月から5月までならそうでしょうね。九州は11月末から3月までですね。2トンもあれば十分と思います。しかし今年はピンチです。もっと安定した確保ルートが欲しいですわ。
by: バリスタ@FFCさん | 2007/12/21 15:19 | URL [編集] | page top↑
# ≡バリスタ@FFC さんへ≡
あははー そうでしたかぁ~^^
バリスタさんのブログはいつも楽しく拝見させてもらってます。

で、たぶん4トンぐらいやと思うんやけど
今年はちょっと少ないかもしれないです。
薪がきれたら・・・ 凍死ですな(笑)
薪の安定した確保ルート・・・ こちらもそれが課題なんですよ。
by: しーぴさん | 2007/12/22 15:17 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://siipifish.blog101.fc2.com/tb.php/116-012bf594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。