スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

雪!雪!雪! おまけっ!

そんな雪と寒い日が続く信州の標高800m。

おかげで薪の消費量が多いです。
この冬分としていた薪はもう残りわずか・・・
来冬分と思っていた半乾きの薪も動員せなあかんなぁ・・・ こりゃ。


薪(2012年秋冬もの)


さておき、
雪の日って家の周りの木によく野鳥が来ます♪
雪で行ける場所、エサのある場所が限られるからでしょうか??

この日は、小さなシジュウカラ、キクイタダキ(だぶん)がイチイの木に。


家の前にあるエサ台のリンゴにはヌシのヒヨドリ。

ヒヨドリ(2013年2月)


この日は、そんなエサ台にライバル出現!

ツグミ(2013年2月)


ツグミです。

大きさもヒヨドリと同じくくらいでツグミも負けてませんでした。


ヒヨドリがいなくなると、ツグミがエサ台へ。

そんなツグミを見つけるとヒヨドリが攻撃して追い払う。

ちょっと離れた場所から様子を伺っていたツグミは
ヒヨドリがいなくなるとスグにエサ台へきてリンゴをついばむ。


つぐみの行動を読んだのか、ヒヨドリはツグミを追っかけまわして攻撃してました。


そんな様子を家の中から家族みんなで観戦^^


ヒヨドリとツグミのリンゴ争奪のやりとりと家の周りでの空中戦。


おやつのぜんざいを食べながら盛り上がりましたョ^^


スポンサーサイト
23:15 | 田舎暮らし(冬) | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

雪!雪!雪!

信州の標高800m。

2月初めまではそうでもなかったのに、
それ以降、雪の日と寒い日が続いています。

雪がまとまって降る日はそんなに寒くはないんやけど(それでも氷点下)
雪が止むと、マイナス10℃以下の朝と真冬日(1日中氷点下)が続き、
雪が解けません。
そしてまた雪が降るもんやから・・・
けっこうな雪の量になってきました。

そして前の日曜日も朝起きると30cmぐらいの雪が積もってました。


玄関の窓より


平日やったらとりあえず会社へ行けるように
車と車の通路を確保するための最低限の雪かきだけして出掛け、あとは親父に任せるんやけど・・


家の前


日曜日はたっぷり時間があるので、朝飯を食ってから
雪遊び雪かきに出動します^^


反対の屋根


雪かき、除雪はいい汗かいていい運動にもなるし、いまだに楽しいお仕事です^^


薪棚前


除雪する時の相棒はこちら↓


ホンダの除雪機


大まかに除雪機で雪を飛ばしてから、細かいトコはスコップで仕上げ。

終わったあとは、外でコーヒーをいただきました♪
汗かいたからほんとはビールの方がえぇんですけどね~



昼飯を食った後、珍しく下の子が家で昼寝したから、
その間、上の子とバックカントリーで雪遊び!


上の子と雪遊び


ぜんぜん解けずに積もった雪やから、パパが歩くと太ももまで足が埋もれました。
でも、ふかふかパウダースノーで楽しかったですョ♪

いやぁ~ この日は1日雪と戯れました^^
21:10 | 田舎暮らし(冬) | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

水族館と考古館

今週の初めの連休のお話です。

上の子が「雪遊びばっかでつまんないから、水族館か動物園とかに行きたい!」

とか言い出したから・・

パパは調べました。

冬は寒い外の動物園よりは暖かい中の水族館でしょ~
と、いうことで、水族館を検索・・・・
で・・・ ありましたっ!
長野県にも蓼科に水族館がっ!!

そして、日曜日。
その蓼科の水族館に向かいました^^

途中、中央道のの諏訪湖S.A.で氷った諏訪湖を眺め・・・

諏訪湖S.A.


高速を降りてからは蓼科の山の上にある水族館へ雪山道を走ります。


天空の水族館


で、到着したのはギリシャの神殿のようなつくりの水族館。
しかも、スキー場のすぐ隣りです。
なにやら、ここは世界一標高の高い場所にある水族館らしく、
標高は1400mほど。


ピラルクー


館内はそんなに広くなく、魚種も熱帯系の淡水魚だけやけど、
ピラルクーの飼育には自信があるらしく、餌やりショーなんかがありました。
子供たちもそれなりに楽しめたようです^^

その後、帰るにはまだ時間がたっぷりあったから、
今度はパパの趣味でナビで発見した「尖石考古館」へ向かいました。

尖石考古館


何を隠そう釣りバカになる前の小学生の頃のパパは・・・ 
将来は「考古学者」になるんだと夢見ていた考古学少年だったのです。


館内 その1


館内には関西に住んでいたらなかなか見る機会のない縄文式土器がずらりとならんでいます。
(関西には縄文時代の遺跡が少ないのです)


館内 その2


昔憧れた黒耀石の石器とかもあってパパは心トキメキまくり(笑)
近所の畑で土器拾いをしていた日々を思い出しました。
その頃に見つけた石器は黒曜石ではなくサヌカイト。
そんな土器拾いをした旧大阪宅の近辺の畑は今や全部住宅の下です。

さて、館内は粘土に縄文をつけたり、石器を研いだりと、
体験コーナーも充実していて子供たちもけっこう楽しめましたョ^^

そんな考古館の窓からは裏側に復元された縄文時代の集落が見えるじゃ~ありませんか!!


復元された縄文時代の集落


そら~行くでしょ~♪


縄文の集落に向かう!


子供たちはスノーブーツだったのですいすい雪道を歩いて縄文の集落へ・・・


竪穴式住居 その1


雪景色の竪穴式住居もなかなかえー感じでしたよっ^^


竪穴式住居 その2



特に上の子は好奇心旺盛なので水族館に考古館、楽しい1日だったようです^^

パパもちょー久々に考古学の血が騒ぎました。

家の前ちょっと掘ってみよかな(笑)


あ、そーいやー今日は長野県の渓流解禁日やっ! 多趣味も困るなぁ・・・・・・・

22:45 | 田舎暮らし(冬) | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。