スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

濡れても大丈夫^^

フライフィッシングを始めてから写真を撮る事が大好きになりました。

それ以前は単純に釣った魚だけを撮るためだけに使ってたから
家にあった親父のカメラを借りて行ったり、
使い捨ての「写ルンです」で済ませたり・・・

それが、フライフィッシングをやりだすと
釣れる魚が綺麗なこともあるけど
季節ごとの渓流の景色やその周りにある植物、川に住む魚の餌となる水生昆虫などなど・・・
写真に残したいモノがいっぱいあったんです。

が、常に川に入って釣りをするフライフィッシングでは
カメラを濡らす確立がかな~り高い。
なので防水機能があるカメラが重宝するんです。
(中にはしっかり一眼レフを使用している方もいますが・・・)

で、初めて買ったカメラが水中撮影も可能な防水カメラ。
「キャノン オートボーイD5」

Canon AutoboyD5
Canon AutoboyD5

買ったのはフライフィッシングを初めて間もない十数年前。
なのでデジカメではなく普通のフイルム用のカメラです。
今から考えると撮ってからすぐに見れないフイルムのカメラでは
せっかく釣った大きな魚の写真もブレてたりボケてたりと
現像してみないとわからない楽しみ(?)もありましたねっ^^



で、時代はデジタルカメラ!
と言うことで初めて買ったデジカメが
「フジフイルム DS-250HD(通称 ビッグジョブ)」

釣り雑誌(ビーパルやったかな??)の記事に載ってて
「これ、えーやん♪」
と、購入^^
でも結構高価やったから親父と半分ずつ出し合って買ったんやったかなぁ~

デジタルカメラとそれを中に入れて使う防水・防塵のケースのセットで
工事現場やアウトドアで使うためのカメラでした。
今見るとその防水用のケース(HDパック)はかなりデカイですねぇ~

FUJIFILM DS-250HD
FUJIFILM DS-250


HDパック(表)
HDパック

HDパック(裏)HDパック(装着)


あまりにもケースがでかく携帯に不便やから
最後の方はケースなしで使ってました。


しばらくはこのHD-250HDをケースなしで使ってたんやけど
2~3年前にこれまたフライフィッシングの雑誌に載っていた
コンパクトな青い防水カメラに一目惚れ。
それが現在使ってる
「ペンタックス Optio WPi」

PENTAX OptioWPi
PENTAX OptioWPi

新しいデジカメは起動が早いし、
SDカードで容量も多いし、
画質も綺麗し、
コンパクトな大きさで防水やし、
買った時は感動したなぁ~^^

このブログに載せてる写真のほとんどがこのカメラで撮った写真です。


ほんとはデジタル一眼レフなんか欲しいんやけど・・・
そんな予算、我が家のどっからも出ませんって (T△T)

スポンサーサイト
00:20 | 釣り道具物語(フライ編) | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

川からの贈り物

朝はちょっと冷え込んだけど気持ちよく晴れた父の日の今日。

午前中は親父へのプレゼントを買いにお買い物。
昼飯食って子供が昼寝した時間帯を見計らって
川へ出掛けました。

先週より若干水量は減っているものの
まだまだ水量は豊富でえー感じ^^

2008年6月15日


今週も#5ロッドにウエットフライでそんな川を釣り下って行きます。
先週釣れた小さなポイントが続く区間からは魚信はなく
さらに釣り下って
いつも本命視している瀬からの流れが一つにまとまるポイントにやってきました。

先週その本命ポイントは沈黙やったんやけど
今日はどうやろー?
と思いながらフライを流れに乗せて狙った所に送り込んでいきます。
すると・・・
狙った流れにフライがさしかかると・・ 魚が「バシャ!」ってジャンプ!!
ウエットフライとは言え水面近くを流れてるから
魚がフライを食う時ににジャンプしたんでしょう。
すぐにラインを通してロッドに「コツコツ」とアタリ^^
「コツコツ」の後は「グィーン」とラインが走ります。

「よっしゃ~!」

ロッドを立ててフッキングさせると
獲物はすぐに派手なジャンプをしてフライを外しにかかりました。
見た感じそんなに大きな魚じゃないなーと思って余裕をかましてたら
上流に走るわ
太い流れに入って動かなくなるわ
下流にも走るわ
ジャンプするわ
いいファイトで楽しませてくれました^^

「バレんなよ~」

と冷や冷やしながらもなんとか無事ランディング♪
ネットに納まったのは30cmぐらいの綺麗なレインボーでした。

レインボー 30cmぐらい



なかなかいい顔つきでしょ?^^

レインボーの顔


写真を数枚撮ってやさしく川へリリース^^
これがヤマメなら大喜びなサイズなんやけど
もっともっと大きくなるレインボーではまだまだなサイズですねー

とは言えこの川では満足のいく魚でございました♪

一応父親なオレに
まだプレゼントなんてくれない2歳前の娘に代わって
川が父の日のプレゼントをくれたって感じですかねー^^

父親としてはあんまりがんばってないような気はするけど・・・・


自然と川の恵みに感謝m(_ _)m


↓今日釣れたフライはこちら(先週と同じです)
ガバナー#8(濡れた状態)


23:41 | フライフィッシング | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

梅雨寒

ここのところ
昼間はそこそこ気温が上がるけど朝晩は寒い。
といった日が続いています。
朝、会社に行く時に長袖の作業服だけではちょっと寒くて
もう一枚上に薄手のジャンバーをはおって行くって感じです。

そんな低めの気温のおかげで野菜が育たないみたいですね。
うちのオヤジはもちろん
会社の人達も声を揃えてそう言ってます。

昼間にいくら気温が上がっても
夜になって冷え込むと地熱が上がらない。
それが原因みたいですね。


とは言え
うちのほったらかしハーブたちは元気に花を咲かせています^^

セージの花
セージ


タイムの花
タイム



まだまだ夏にならないとわからんけど
雨が多く冷夏の様な年は
川の水量も豊富、水温も低く保たれて
渓流魚のコンディションも良くていい釣りが出来るんですよねぇ~
ちょっと期待大です^^


21:40 | 田舎暮らし(夏) | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

菖蒲湯

話は6月5日に遡りますが・・・

秋に薪をもらった会社の先輩(50歳代です)が
「帰りに菖蒲湯用の菖蒲を取りに行こう」
と声をかけてくれました。
茨城のお土産を渡したから気を使ってくれたんでしょうね^^

菖蒲湯と言えば5月5日の端午の節句に入るもんですが
この辺り(長野県全体かな??)では桃節句や七夕なんかの行事は旧暦で行うんです。
冷涼な気候のおかげで夏までは季節の進行が1ヶ月遅いからそれも納得ですね。
なので
端午の節句も1ヶ月遅れの6月5日なんです。

で、仕事帰りに小さな川沿いにあるその先輩の土地に菖蒲を取りに行きました。
いっぱい生えてる菖蒲の中から数本刈り取って
ついでに一緒に入れるというヨモギ数本も^^

菖蒲とヨモギ


その日はこの2種類を束にしてお風呂に浮かべ
ほのかに香る菖蒲のお風呂で仕事の疲れが取れました^^
先輩に感謝!感謝!


ちなみにお風呂に入れる菖蒲は
綺麗な花が咲く「花菖蒲」とはまったく種類が違うらしいので
ご注意くださいませっ!!

23:00 | 田舎暮らし(夏) | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

6月なので・・・

この辺の川も水温が上がりハイシーズンに突入!
と、
言う事で・・・

今年初めてのフライフィッシングです^^

土曜日なので午前中のみの仕事が終わり
帰りに通る橋から川を見ると
雨水と雪シロ(雪解け水)が入ってえー感じの水量やったから
ちょっと午後から川へ行ってきました。

2008年6月7日


そんなえー感じの川のいつものポイントを
#5ロッドにウエットフライで川を釣り下っていきます。

すると・・・

じゃん♪

レインボートラウト

すぐに20cmぐらいのレインボーがフライを食ってきました^^


さらに続けて、
じゃん♪

信州サーモン?

この魚、レインボーとはちょっと違うなぁ・・・
ブラウンのようなレインボーのような・・・
もしや
長野県が食用にレインボーとブラウンをかけ合わせて生み出した
「信州サーモン」なのかぁ~??
この川も漁協の放流があるから混じって放流されたのかな??
謎です。


この日一番大きかったのがその後釣れた25cmぐらいのイワナでした。

イワナ



↓本日のヒットフライはこちら
ガバナー#8



2時間ほどやったけど
久々の川歩き、気持ちよかったです♪

川原には綺麗な花も咲いていましたよっ^^

?の花



00:05 | フライフィッシング | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑

開けた景色と筑波山

先週の週末とその前の週末、
2週連続でヨメさんの実家のある茨城に車で行ってきました。
ここからの道のりは・・・
長野道→上信越道→関越道→北関東道と高速を乗り継いで
高速を降りてからはR50をひたすら東へで約4時間半から5時間のドライブです。

距離的にはわが故郷大阪より近いんやけど
直通の高速道路が無く一般道を走る割合が多いから
大阪へ行くのとそんなにかかる時間は変わんないですね。

ヨメさんの実家は日本100名山の筑波山が程よく近くに見える場所にあって
オレにとっても大好きな場所です^^

大阪や長野にはない関東平野の開けた景色に筑波山。
初めて行った時はすんげー感動したなぁ・・・

筑波山
筑波山


集落の周りは高い建物がなく一面田んぼや畑が広がっていて
遠くまで見渡せるんです。

そんな畑や田んぼの中でも今回行った時に目を引いたのが麦畑。
休耕田の土地に麦を植えてるらしいんやけど
収穫時期が近い麦畑は黄金色でめっちゃ綺麗でした。


麦畑
麦畑


↓黄金色の麦の正体はビール麦らしく
 美味しいビールになってくれよーとか思いながら写真を撮ってきました^^

ビール麦
ビール麦

大麦
大麦


この近くにはバスが釣れる沼や川も沢山あるんやけど
今回は子供がメインやから釣りはお預けです。
もっと子供が大きくなったら一緒に行きたいですねっ^^

いっぱいお土産をもらった
茨城のお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん。
ありがとうございましたm(_ _)m


23:47 | 遠出 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。