スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

あららー

今週初め、
インターネット用に使ってる我が家のノートパソコンのキーボードの上に
ビールをこぼしてしまったんです・・・  

ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!

一時は立ち上がらなくなったから壊れたと思ったんやけど
なんとか復活^^

でもまだキーボードの調子がおかしいのです。
コメントを頂いた皆様、返事が遅れてすいませんm(_ _)m

直りしだい再開いたしますので、しばーしお待ちくださいませ。


これだけ書くのにえらい苦労しました(笑)  ふぃ~


スポンサーサイト
23:42 | 未分類 | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大荒れの週末

川は解禁してるというのに週末になると悪天候・・・

昨日は強い風と雪で外は猛吹雪。
近所の国道でも悪天候のせいか事故が相次ぎ、通行止めになったりしてました。

吹雪




今日朝起きると昨日の吹雪のおかげでバルコニーの扉にまで雪が・・・

窓に積もった雪




今日も朝から雪で昨日から降り積もった雪をかくのに午前中が潰れました。
たまに陽が差したりしてたんやけど
午後からまた雪&風・・・

こらーおとなしく家で子守りをしとけ!っちゅ~神様のお告げですな・・・

がくん。


我が家



15:01 | 田舎暮らし(冬) | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

冷えた朝 Part3

今日の朝もマイナス15℃以下の冷え込み。

ほんまに地球温暖化が進んでるん?
ってな感じです。

冷えた空気に青い空、白い雪・・・
雪が積もってすぐに冷え込んだ今日の朝はこの冬一番の素晴らしい景色でございました。


庭からの眺め



2008年2月18日 朝



裏山



おかげで道路もツルツルピカピカ・・・・
40km/h以上出せませんでした。
あーこわ(笑)


22:48 | 田舎暮らし(冬) | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑

解禁♪ なんやけど・・・

ここ長野県は昨日の16日に渓流釣りが解禁となりました。

がっ、
昨日の土曜日は1日仕事。
今日の日曜日は真冬日で激寒、さらに大雪注意報の1日。

2008年2月17日


毎年の事やけど
2月の解禁当初は近所の川では水温が低すぎて釣りになりません。
(それでも最初の頃は雪をかき分け行ってましたけどね・・・ )
なのーで、
2~3月は車で30分程走って
湧き水のおかげで若干水温の高い「犀川」に行ってます。
この犀川、渓流と言うにはちょっと辛い大きな流れで、釣れる魚も大きいんです。
で・す・が・・・
何年か前にスカパーの「釣りビジョン」で放映されてからは
ツーハンドロッドによる本流釣りブームにも乗って
釣り人が激増。
解禁日から数日は有名ポイントの川原にはずらぁ~と釣り人が並ぶ盛況ぶり。
TVや雑誌で有名な著名釣リ師なんかも来ていたりして
2月1日解禁の岐阜県「長良川」と同じ状態です。
まぁ、釣るというより渓流釣り師のお祭りみたいなもんですね^^


そんな状況が予想されるのと
この寒さ。
それに先週からの風邪がまだ完治せず体調がイマイチ。
釣りをしなくても川の様子だけでも見に行こう・・・ という気力も出ませんでした。
そんな感じで
今日はそわそわしながら家で外の雪景色を眺めておりました。

窓の外



今日、犀川でロッドを振っていた人たちは寒さ&凍るガイドと格闘していた事でしょうね。



23:14 | フライフィッシング | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

フライフィッシングが教えてくれたもの

釣りバカを26年やっておりますが
昔の釣り日記を引っ張り出して調べてみると・・・
フライフィッシングを始めたのがその約半分の13年ほど前でした。
それまではずーっとバスフィッシングをやっていて
ふと読んだアウトドア道具の雑誌の記事がきっかけで始めたフライフィッシング。


アダムス


キャスティングが難しいのもさることながら
ターゲットのアマゴやヤマメ、イワナは近くに流れてる汚い川には住んでいなくて
そんな魚たちを求めて春夏秋と季節に合わせて東西南北・・・
車で数時間走らないと会えない魚たち・・・

たどり着いた飲めそうなぐらい綺麗な水が流れる川を遡りながら
これまた宝石の様に綺麗な渓流魚を狙ってフライを流れに乗せます。

そんな綺麗な水が流れる自然の中で釣りをしていると
釣りだけじゃなくて

川石の裏にいる魚の餌となる水生昆虫を調べたり・・
新緑の美しさに目を奪われたり・・
川辺にいる野鳥を観察したり・・
夜中に着いた川で飛び交うホタルの大群を見たり・・
野生動物に出合ったり・・
野草の名前が気になったり・・

自然の営みと季節の移り変わりをすごく感じるようになりました。


その影響で環境問題に興味を持ったり
川にある砂防堰堤を見てほうんとうに必要なのか?と疑問に思ったり
人間社会はくだらないなぁ~と思ったり

ほんとに日本はこのままでよいのか?
とかね
(大げさすぎる 笑)


ジョック



そんなこんなで今は綺麗な川と湖の近くで暮らしております。

ヘンリー・D・ソローの『森の生活』には程遠いけどね・・・・・


01:05 | 戯れ言 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

勝手に落ちまっせ

今日も午後から雪になりました。
TVニュースを見ると我が故郷の大阪でも雪が積もったみたいですね。

大阪と違ってここ信州の標高800mは一冬にかなりの雪が積もります。
とーぜん家の上にも雪が積もるから
雪の重さで家が潰れないように屋根の雪降ろしをしないといけないのです。
我が家もログハウスに建て替える以前は
最低年1回、多い年は2回3回と雪降ろしをしてました。
これはこれで意外と楽しかったんですけどね^^

でも今はログハウス。
居住性を無視した急勾配の屋根になっていて
雨樋もついてません。

屋根



その屋根に雪が積もるとこんな感じ

屋根の雪


ある程度雪が積もると
その重さで急勾配を「ザザァー」って音をたてて勝手に落ちてくれます^^
なので雪降ろしをする必要はないんです。
楽になったような、楽しみが減ったような・・・

その屋根の下は落ちた雪が山になってます。

落ちた雪



反対側の屋根は居住性を広げる為にドーマー形状の折れた屋根になっていて
ちょっと雪の落ちが悪いけど
それでも晴れて屋根が温まると勝手に落ちます。

屋根の雪 その2



雪降ろしのいらない屋根。
結露とは無縁の木製建具。
ログ材の保温性。
その他もろもろ・・・

冬になると思います。
ほんま、ログハウスにしてよかったなぁ~って^^


20:04 | ログハウス | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ぶらさがってます


我が家には成長した〝つらら〟が・・・

つらら



21:28 | 田舎暮らし(冬) | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

冬の楽しみ♪

今日は関東平野でも雪が積もったみたいですね。
ここ標高800mも昨日の夜から久々にまとまった雪ぃ~♪
と、
言うことで・・・
今年初めて雪遊び道具を倉庫から引っ張り出してきました^^

雪遊び道具


歩きメインのテレマークスキーとスノーシューです。
スノーシューは〝かんじき〟みたいなもんで
テレマークスキーは普通のゲレンデで使うスキーと違って
かかとの上がる専用のビンディングと板の裏側に着いたステップソールで
すいすい歩けて、坂も上れて、もちろん滑りも出来るバックカントリー用のスキーです。


ステップカットビンディング
ステップソールと3ピンのビンディング


今日は節分と言う事で、ヨメさん達が太巻きを作る準備をしてる中
ちびをじーちゃんに預けて一人寂しく裏山までスノーシューで歩いてきました。
(家族の皆様、ごめんなさい m(_ _)m )

スノーシュー装着


雪のない時期は畑や田んぼの家の裏から裏山までの道のり。
昨日から降り積もったパウダースノーでフカフカです♪

フカフカ パウダースノー


しかーし、久々に歩いたから途中でバテバテ
雪が降りしきる中、汗をかきかき裏山に到着。

裏山


野鳥でもいるかなぁ~と耳を澄ましたけど・・・
今日はお留守のようでした。

裏山の麓



振り返るとフカフカの新雪の上に自分が歩いてきた後だけが残ってます。

振り返ると・・・


裏山の麓でしばし休憩してからバテて重くなった体を引きずって家の方へ戻りました。
あーちかれた・・・
子供が出来る前はもっとハードなコースを歩いたんですけどねぇ・・・
もしかして明日(いや明後日か?笑)は筋肉痛かぁ~?



では、南南東を向いて太巻きをいただきまぁ~す^^
 
太巻き


18:26 | 田舎暮らし(冬) | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

土に帰ります

木を燃やして暖を取る薪ストーブ。
木を燃やすから、とーぜん灰が出ます。

ある程度の灰は燃焼室に残ってた方が
火持ちが良かったりするんやけど
それでも最低1週間に1回は燃焼室の下にある灰の受け皿を掃除します。

灰受け



掃除した灰は専用の灰入れ用のバケツに入れておくんやけど
1ヶ月もすればそのバケツも満タン。

灰入れバケツ



この溜まった灰は畑の肥料となるんですよ^^
アルカリ性でカリ分の肥料です。
(真っ白に燃え尽きた灰は栄養分が少ないらしいんですけどね・・・)

だからバケツが満タンになると
畑をやってる親父に頼んで畑に撒いてもらうんです。
と言っても今は畑も雪の下。
雪をどけてから穴を掘って埋めてくれてるみたいですね。

一冬でこのバケツ7~8杯分の灰が出るかなぁ~


灰さんよ、土に帰っておいしい野菜を育ててくださいませ^^


17:25 | 薪ストーブ | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

金属片と豚の皮

マイナス10℃以下の気温を体験すると
マイナス2~3℃なら暖かく感じてしまうから不思議ですよねぇ~

そんな寒い冬ですが・・・
昔は寒さに負けず真冬でもバス釣りに行ってました。
でもこっちの冬は厳しく
近所の湖も浅いところは凍ってしまってるという状況なので
とても釣りをしようという気にはならんけど
大阪近辺では冬でもなんとか釣りになったんです。

そんな真冬の釣りで活躍したのが「金属片」と「豚の皮」なのです^^


まず「金属片」・・・
「メタルジグ」や「ジギングスプーン」と呼ばれるこのルアー

ホプキンス・ショーティ
ホプキンス

スミス リフレクションダイワ ファントム
スミス リフレクション&ダイワ ファントム

主に深いところ(10m前後)を狙うことが多いリザーバー(ダム湖)でよく使ってました。
沈むのが早いから手っ取り早く底が取れて深いところを狙うのにもってこい。
湖底まで沈めてからは
ロッドをしゃくっては沈ませる、しゃくっては沈ませるの繰り返しで
キラッ☆ヒラヒラヒラぁ~
って感じで寒くて食い気のないバスに思わず口を使わせます。
ボートの真下に落としてもいいし、キャスティングしてもいいし・・・
真冬に50cmオーバーの実績もあるんですよ^^



んで次は「豚の皮」・・・
「ポークリンド」と言って豚の皮を色んな形にして着色したもんです。

ポークリンド


このポークリンド、液体の入ったビンに入っていて
普通のルアーに比べると扱いがちょっと面倒なのです。
使う時はいちいちビンを開けて手をヌルつかせながら取り出さなあかんし・・・
ロッドにセットしたまま使わずにほったらかしにしとくと
乾燥して使い物にならなくなるし・・・
使い終わったらまたビンに入れておかないといけないし・・・
でもこんな面倒なポークリンドやけど
普通のソフトルアーには出せない生命感というか、微妙な細かい動きで
冬場のバスを誘ってくれます。
(もちろん冬場に限った事ではないけど・・・)

我が家にあるポークリンドは15~20年モノなのでビンの蓋がサビサビです^^

アンクル・ジョッシュ
アンクル・ジョッシュ

ホッグヘアーゲーリー・ヤマモト
ホッグヘアー&ゲーリーヤマモト


それと天然素材だけあって性能にばらつきがあって
柔らかくてすぐに使えるものもあれば
ちょっと皮が固くて動きの悪いやつもあるんです。
なのーで、固いやつはビンに専用の軟化材を入れてしばらく寝かします。

ポーク軟化剤


中にはそれでも使い物にならないやつもあるんですけどね・・・
皮の部分が指にペロンって巻きつくぐらいでないと
バスを誘う動きは出せないんですよねー
柔らかくするために切れない包丁で皮を叩いたりもするんですよ^^

巻きついてます^^


指に巻きつく良いポークになったら
ラバージグにセットされバスを誘いに出動です!
昔懐かしいスタンレーのラバージグにセットしてみました^^

ジグ&ポーク


このルアー、イメージはザリガニです。
だから使う場所はやや濁った浅めの湖や野池。
さっきの金属片とは違ってスローにスローに動かしてバスを誘います。
このルアーも真冬に50cmオーバーの実績アリ!


寒ぅ~い冬
釣れる魚は冬でも体力の残ってるいいサイズな事が多いから
1匹大物狙いの冬の釣りはなかなかシビれます^^


でも全く釣れない時は自分の体が寒さでしびれだすから要注意!!


00:52 | 釣り道具物語(バス編) | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。