スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ぽかぽかの冬

2006年10月中旬の紅葉が始まりかけた頃、
この冬(秋か・・)初めて薪ストーブに火が入りました。
この頃はまだ夕方から夜だけです。
11月になると朝から晩まで焚くようになりました。

さすがに薪ストーブは暖かいっすよぉ~
家中の暖房が薪ストーブ1台でOKなんです。
1階はもちろん、2階も吹き抜けから暖められた空気が上がってくるから暖かい。
1階より2階の方が暖かいぐらいでした。
真冬になると1日中焚いていて、寝る前に大き目の薪を1,2本入れて
空気を絞っておけば朝までゆっくり燃えて、朝も暖かいんです。
朝になると着火するにはちょうどいいぐらいの
燃えて赤くなった炭状の薪(オキ)が残っていて
それの上に細めの薪を乗せればすぐ燃え出します。
面倒くさいと思われがちな火をおこす作業も真冬は楽ちんでした。

2007年1月
2007年1月

以前住んでいたボロ家の冬とは大違いのぽかぽかの冬。
薪を多めに燃やして温度を上げれば
家の中ではTシャツだけでもOKなぐらいです。
ログ&薪ストーブのおかげで
もうサラダ油が凍ることもなさそうです(笑)

あと、以前は一冬2回はやっていた屋根の雪降ろし、
これもやらなくて済むようになりました。
ログハウス特有の急勾配の屋根に滑りやすい屋根の材質のおかげで
雪がある程度積もればその重さで勝手にすべり落ちていきます。
なので雪が落ちるのに邪魔な雨どいもついていないんです。

でもこの冬は暖冬でした。
もう、雪ががんがん降っても、めっちゃ寒くなってのえーぞー
って感じやったんですけどねっ!

2007年1月 その2
2007年1月 その2

結局、集めた薪ストーブ用の薪は一冬でほとんど使い切りました。
薪は思ったより使うなぁ~って感じですね。

こりゃ~春から『与作』ですな(笑)



スポンサーサイト
22:47 | これまでの田舎暮らし | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

川で出会う野生動物

川に釣りに行くと野鳥の他にいろんな野生動物にも出会います。
まず一番良く出会うのが『ニホンザル』
川に限らずこの辺はちょっと山の方へ行くと会う事が出来るんです。
たいていは集団でいて
釣りに行ったときも着かず離れずの距離でこちらの様子を伺っているようです。
近くにいるとちょっと不気味やけど
まだこの辺のサルは人間慣れしていないのか
小走りに向かって行くと慌てて逃げていきますよっ。

ニホンザル
ニホンザル



次に良く出会うのが『カモシカ』
春に出会うと川辺に出ている草の新芽なんかをボリボリ食ってます。
カモシカもこっちから近づかない限りは
逃げずにゆっくり姿を見ることが出来ます。

カモシカ
カモシカ



あと1回だけ見たのが『イタチ』
でもすぐ山の方へ逃げていったのではっきりは見れませんでした。

イタチ
イタチ


で、最後に思い出すだけでも怖い『ツキノワグマ』
さすがに写真はないんやけど
数年前の秋に至近距離で川を渡る親子(親1頭、子2頭)に出会ってしまいました。
熊もこっちを気にしながら川を渡ってた様子で
こちらもビビリながら後ずさりしてその場を離れ
ある程度距離が開いてホッとしていると
対岸にもう一頭いてそいつはこっちを見て威嚇してました。
最後のがお父さんで4頭家族やったんかなぁ・・・
とか考えながら
その日は興奮して家に帰ったのを覚えています。


去年の秋はエサ不足で熊出没のニュースをTVでよくやってたけど
この辺もかなりの数の熊が出没して射殺されたそうです。
ツキノワグマも絶滅危惧種だけにちょっとかわいそうですね。

熊に出会ってからヤバそうな所に釣りに行く根性がなくなってしまいました。

やっぱり・・・ 安全第一!!!(笑)




22:59 | これまでの田舎暮らし | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

雪遊び道具

ここの冬はめっちゃ寒くて雪も多くて大変です。
家の中が凍ったり、すが漏りしたり、人力除雪は疲れるし・・・
でも、
除雪に苦労する雪やけど
気温が低いせいでめちゃめちゃパウダーなんです♪

家の前より(2001年 冬)
↑家の前より(2001年 冬)

で、その雪を使って遊ばない手はない。
なので2年目の冬にスノーシューを購入ぅ~

スノーシュー


3年目には除雪機と歩きメインのテレマークスキー購入ぅ~

除雪機は雪遊びの道具じゃないけど、
それまでは人力のみでやっていた事を考えると、
楽だし、雪をぶっ飛ばすの楽しいし・・・
オレにとっては立派な雪遊び道具です♪

除雪機


スノーシューやテレマークスキーで
家の裏から裏山までの普段は田んぼや畑の雪原を歩いたり
近所にある歩くスキーのコースを歩いたり
休憩で雪を溶かして沸かしたコーヒー飲んで♪
気持ちいーっすよぉ~

雪の家の周り散歩


山の方や川原に行くと雪の上に動物の足跡があったりもします。

雪の川原
↑雪の川原

足跡 その1
↑足跡 その1

足跡 その2
↑足跡 その2

で、渓流解禁になると・・・
まだ雪の残る川原を川までスノーシューで歩いて
後はスノーシューを背負って釣りです♪
こんなシーズンは魚は釣れなくても
足跡のまったくない雪の川原を歩くだけでも
「来てよかったー」 って思えますョ♪

フライロッドとスノーシュー




23:02 | これまでの田舎暮らし | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

すが漏り

2000年末から2001年にかけての冬は大雪でした。
地元の人は
「昔はこんなもんじゃなかった」
とか言ってましたが・・・
ここの冬2年生のオレにとっては十分な大雪でした。

雪降ろし
↑屋根の雪降ろしの図

で、そんな冬のある日・・・
仕事から帰って、
飯食って、
ビールを飲みながら
釣り道具が置いてある作業部屋で気持ちよくフライを巻いていると・・・
なにやら水滴の落ちる音が・・・
ん?
と思って辺りを見回すと・・・
窓の近くの天井から染み出して水滴が落ちているじゃありませんか!
なんじゃこりゃ!!
雨漏り??
でも外は雪は降ってても雨は降ってへんぞ!
雨漏りは、
このボロ家に住み始めてすぐに経験してたからびっくりはしなかったけど
今回は原因がわからない。
雪が吹き込んだのかぁ?
その日は平日ですぐに調べられなかったから
日曜日まで様子を見ることに・・・
でもだんだんひどくなって
朝には雨漏りが壁と窓を伝って家の中でつららになってました。

中のつらら
↑部屋の中につららがぁ~

やっとこさ日曜になって調べることに・・・
まず屋根に上がって漏れている所を調べます。
が、雪が積もっててなかなか大変!
雪をどけるとその下には雪が凍った氷が分厚く屋根を覆ってます。
こりゃ~あかん!
と屋根上からの調査を断念。

外のつらら
↑漏れた所の外はこんな感じ

で部屋に戻って天井をぶち破って屋根裏を調べました。
すると・・・
屋根裏に氷の塊発見!
またまた、なんじゃこりゃ~!!
どうやら・・・
屋根の雪が溶けて
屋根を覆っている氷伝いに流れて
流れ切れずに屋根裏に侵入して
それが屋根裏で氷になって成長して
ついには部屋の上辺りまで氷がきて
部屋の暖房で氷が解けて漏れてくる。
といった具合です。
難儀やなぁ~
とか思いながら調べてみると
こんな雨漏りを『すが漏り』と言うそうです。
すが漏りの『すが』とは東北地方の方言で「氷」の意味で
「つらら」を『すがま』と言うらしいです。
で、氷やつららに伝って漏れるので『すが漏り』なんですね。

すが漏り
↑すが漏り

いやぁ~いい経験しましたよ(笑)
それ以来、屋根の端っこに出来た氷の塊やつららはすぐに落とすようにしました。
それだけでかなりすが漏りはしないようになりました。

今となっては懐かしい思い出です♪


23:02 | これまでの田舎暮らし | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

田舎暮らし1周年(2000年 秋)

渓流釣りシーズンも終わり、
ここに越してきた時と同じ秋がやってきました。
1年経って家の前からの景色は
グランドが出来て、
ナイター用の照明が建って、
ちょっと変わってしまいました。

家の前より(2000年 初秋)
↑家の前より(2000年 初秋) 照明が建った



でも相変わらず紅葉はめっちゃ綺麗です♪

裏山の紅葉(2000年)
↑裏山の紅葉(2000年 秋)


1年経った頃を思い出して
その頃感じた田舎暮らしの長所と短所を
自分なりに書きたいと思います・・・

《長所》
○土地が安いので都会に比べ広い土地が手に入れやすい。
 (自分の場合は1坪当たりは1/16の値段でした)

○広い庭で隣近所を気にせずのびのび生活。
(庭の木陰でコーヒーやビールを・・・ マイナスイオンたっぷり!)

○畑をやれば新鮮な野菜が食べられる。
 (家計もちょっと助かる)

○景色、空気がきれい。水道水がおいしい。

○ここは標高が高く夏涼しいので冷房費がいらない。


《短所》

●基本的には都会より給料は安い。

●近所付き合いがめんどくさい。
 (自治会費が高かったり、寄り合いがあったり・・・)

●あまり競争がないので物価が高い。

●生まれ育った所との考え方の地域差があってびっくりすることが多い。
 (自分はこれが一番嫌かな・・・)

●ここは冬は寒いので暖房費(この頃は灯油)が嵩む。



でも、
オレには

川が近い!!

これだけで幸せなのです♪




おっと、秋の話題・・・

栗
↑秋の味覚、我が家に実った栗。
でも落ちたのをサンダルなんかで踏んずけるとめっちゃ痛いっすよっ!



23:04 | これまでの田舎暮らし | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。